痩せるために払う犠牲

痩せるために払う犠牲>

健康的に痩せることに成功したあなたは、きっと理想的なプロポーションを手に入れることでしょう。どんな流行のファッションも、なんの気兼ねなく出来るようになったあなたは、思いのままに素敵なお洒落をして出掛けるようになるはずです。活発に街中を歩き自信に満ちて活動するあなたは、周囲からも魅力的に見えることでしょうし、そこには運命的な出会いだってあるかも知れません。

もちろん、ただ痩せただけで、こんな映画のようなことが起きるというわけではありませんが、少なくとも「そんなことが起きるかも」とワクワクする気持ち自体が、何にも代えがたいことなのではないでしょうか。しかし痩せることで得ることがたくさんある一方で、そのために払われる犠牲というものも当然ついてまわります。

実際に痩せようとした場合、ストリートダンスの衣装について、身体が摂取するエネルギーよりも消費するエネルギーが大きくならなければなりません。これを実践しないで痩せることは、物理法則上絶対にあり得ないのです。では、成人が一日に摂取する以上のエネルギーを消費するなら、やはりそこには犠牲を払わなければなりません。毎朝早起きしてジョギングに出かける人もいるでしょう。脂肪の燃焼を効率的に起こすには、少なくとも20分程度の運動が必要とされていますから、ちょっとその辺を走って息が上がっていてはいけません。もちろん、ジョギングした分のエネルギーを摂取してしまっては意味がありませんから、食事は普段どおりかそれ以下です。あるいは水泳なども有効な運動ですが、会員制ならそれなりの費用がかかりますし、何よりまとまった時間を自由に使えることと、継続する意志の強さも必要になるでしょう。

また逆に、摂取カロリーそのものを減らすことで、普段どおりの生活を続けながら痩せるという方法だってあるはずです。しかし、周囲の人と食事に行けば、ついつい美味しそうなものには手が出てしまうことでしょうし、何より自分だけ食べないなんてそうそうできることではありません。接待の場など、断りにくい空気のなかで自分の摂取カロリープランを突き通すことは、そうそう容易いことではないはずなのです。

このように、一口に痩せるためといっても、そこには費用負担、肉体的負担、精神的負担、あるいは人間関係や会社の上下関係における負担など、さまざまな犠牲がついて回るのです。そしてそれだけの努力が必要だからこそ、そこに大きな価値も生まれてくるのです。